新幹線 学割 モバイルSuica特急券

学割とモバイルSuica特急券はどちらが安い?

学割が利用できる学生の方でも、モバイルSuica特急券を利用dけいる環境の方もいるのではないでしょうか?
そんな学生が気になるのは、「学割とモバイルSuica特急券はどちらが安いのか?」

 

ここでは、学割とモバイルSuica特急券の料金を比較しますが、その前にモバイルSuica特急券について簡単にご紹介しておきましょう。

 

モバイルSuica特急券とは?

モバイルSuica特急券とは、JR東日本の列車予約サービスで、パソコンやスマホで新幹線を予約し、その情報を携帯端末で改札タッチすれば、切符なしで新幹線に乗ることができます。

 

このモバイルSuica特急券のメリットは、料金が安いこと
特に「スーパーモバトク」を利用すると、かなりお得に新幹線に乗ることができます。(学割との併用は不可)

 

ただし、モバイルSuica特急券で割引きになるのは、東北・秋田・山形・上越・北陸新幹線のみ。
東海道・山陽新幹線に割引料金で乗るには、別途エクスプレス予約への加入が必要です。

 

では、東京〜秋田、東京〜富山、大宮〜仙台の各区間で料金を比較してみましょう。

 

新幹線の学割とモバイルSuica特急券の料金を比較

それでは、学割とモバイルSuica特急券の料金を比較してみましょう。

 

東京〜秋田

東京〜秋田間の指定席普通料金は、乗車券9,830円、特急券7,460円の合計17,290円。
学割で乗車券が2割引になると、片道料金は15,320円。
さらに、この区間では往復割引が効くので、乗車券がさらに1割引になり往復で29,060円(片道14,530円)。
これに対して、モバイルSuica特急券の「モバトク」は15,540円、「スーパーモバトク」は13,510円。
比較してみると、料金は「スーパーモバトク<学割<モバトク」の順。

 

東京〜富山

東京〜富山間の指定席普通料金は、乗車券6,480円、特急券6,250円の合計12,730円。
学割で乗車券が2割引になると、片道料金は11,430円。
これに対して、モバイルSuica特急券の「モバトク」は11,990円、「スーパーモバトク」は10,780円。
比較してみると、やはり料金は「スーパーモバトク<学割<モバトク」の順。

 

大宮〜仙台

大宮〜仙台間の指定席普通料金は、乗車券5,620円、特急券4,740円の合計10,360円。
学割で乗車券が2割引になると、片道料金は9,230円。
これに対して、モバイルSuica特急券の「モバトク」は9,570円、「スーパーモバトク」は8,600円。
比較してみると、同じく料金は「スーパーモバトク<学割<モバトク」の順。

 

 

学割とモバイルSuica特急券の料金を比較してみると、「スーパーモバトク」を利用すれば学割より安く新幹線に乗ることができる

 

ただし、モバイルSuica特急券が利用できる多くの区間(全てではない)では、えきねっとの「トクだ値」も利用できるので、特に「お先にトクだ値」の設定がある区間では、必ず料金を比較しておこう。

 

また、多くの区間では新幹線ホテルパックを利用することもできます。
トップページ「新幹線学割ガイド」で比較した通り、学割より料金は格安なので、合わせて料金を比較しておきましょう。

 

関連ページ

お得なきっぷは学割効く?
新幹線の学割(学生割引)とお得なきっぷの併用について。新幹線のお得なきっぷに学割は適用されるのか?
卒業式後の学割
卒業式後で入学前の3月中の新幹線の学割(学生割引)についての解説。卒業式後の受験や引越しで新幹線を使う時、学割を使うことはできるのか?
途中下車する時は?
新幹線で学割(学生割引)使用時の途中下車についての解説。途中下車する場合に学割証は2枚必要なのか?
学割かぷらっとこだまか?
新幹線の学割(学生割引)の料金について。学割と「ぷらっとこだま」の料金を比較。お得なのはどちらか?
当日購入できる?
新幹線の学割(学生割引)の当日購入について。新幹線の学割切符は出発当日でも買えるのか?購入に必要なものは?
予備校生は学割OK?
予備校生の鉄道・新幹線の学割(学生割引)について。予備校に通う生徒は学割は使えるのか?
早割との違い
新幹線の学割と早割の基本的な違いを解説。学割と早割は同時に利用についての紹介も。
新幹線格安チケットと料金比較
新幹線の学割の料金について、金券ショップの新幹線格安チケットと学割の料金を比較。安いのはどちらなのか?
えきねっとと料金比較
新幹線の学割(学生割引)と「えきねっと」の料金比較。料金が安いのは学割か「トクだ値」か?