新幹線 学割 当日購入

新幹線の学割切符は出発当日でも購入できる?

新幹線の学割切符は出発当日でも購入できる?

学割証・学生証など必要なものを間違いなく提示することができれば、当日でも学割での切符購入は可能です。

 

新幹線で学割を使うには、条件があります。
一つは距離が片道101キロ以上であること。
そして、学割証を学校で発行してもらい、学生証などと一緒に提示すること。

 

この条件をクリアしていれば、出発当日でも学割で新幹線の切符を購入することができます。
しかし、「学生証を失くした・・・」という時など、学校で在学証明を発行してもらうなど、他に学生であることを証明するものが必要な場合があります。
このように何か不備がある場合には、当日切符を買いに行っても、学割が受けられない可能性もあります。

 

一度学割を使ったことがある方や、申請に慣れている方は、当日の購入でも問題ないと思いますが、初めて学割を利用する方は、念のために事前に窓口へ行って切符を購入した方が安心ですね。
(学割申請方法〜切符購入まではこちらのページへ)

 

 

学割が効くのは乗車券。
窓口がある最寄駅で買うことができますので、わざわざ新幹線の発着駅まで切符を買いに行く必要はありません。
(近くの駅で事前に購入しておくと安心ですが、切符には有効期間がありますので、早すぎる購入にはまた注意が必要です。)

 

なお、学割は1往復、1つの目的に1つの学割証が必要です。
事前に切符を買う場合も、当日切符を買う場合も、往復分の切符を購入しておくと、必ず学割が適用されるので安心です。
特に、片道の距離が600キロを超えるような場合には、往復割引の適用もあるので、料金はかなりお得になります。

 

関連ページ

お得なきっぷは学割効く?
新幹線の学割(学生割引)とお得なきっぷの併用について。新幹線のお得なきっぷに学割は適用されるのか?
卒業式後の学割
卒業式後で入学前の3月中の新幹線の学割(学生割引)についての解説。卒業式後の受験や引越しで新幹線を使う時、学割を使うことはできるのか?
途中下車する時は?
新幹線で学割(学生割引)使用時の途中下車についての解説。途中下車する場合に学割証は2枚必要なのか?
学割かぷらっとこだまか?
新幹線の学割(学生割引)の料金について。学割と「ぷらっとこだま」の料金を比較。お得なのはどちらか?
予備校生は学割OK?
予備校生の鉄道・新幹線の学割(学生割引)について。予備校に通う生徒は学割は使えるのか?
早割との違い
新幹線の学割と早割の基本的な違いを解説。学割と早割は同時に利用についての紹介も。
新幹線格安チケットと料金比較
新幹線の学割の料金について、金券ショップの新幹線格安チケットと学割の料金を比較。安いのはどちらなのか?